こんにちは
伊勢教区浄土宗青年会です!

伊勢教区浄土宗青年会はお念仏の元祖法然上人(1133~1212年)が浄土宗を開かれた精神に基づいて、会員相互の研鑽と親睦をはかり、教化の実を挙げることを目的とし活動をしております。43歳を会員資格の上限としているのは、法然上人がお念仏のみ教えに出会われ、浄土宗をお開きになられたお歳にちなんでおります。若き日の法然上人のご苦労を忘れず、そのご恩にわずかでも報いることができるよう精進しております。会員それぞれは教区内各寺院に所属し、その多くは寺院を牽引する住職の担い手になります。当会の活動を通じて地域のリーダーとしての資質の向上をも目指しております。

『同時同行別時念仏会』のポスターは下の「年末年始托鉢行」をクリックして下さい。

令和2年度研修会 「お釈迦様クイズ」とその解答は下の「浄土宗青年会研修会」をクリックして下さい。

会長 正壽院 御堂敬隆

この度は伊勢教区浄土宗青年会HPにおたずねを頂き誠に有り難うございます。伊勢教区は三重県の旧伊勢之国と呼ばれる地域で北は桑名、南は尾鷲熊野にある浄土宗256ヶ寺で構成されております。
私ども青年会はそのお寺に所属する43歳までの若手僧侶の集まりで現在会員数80名で活動をしております。まさに若僧であり、未熟でありますが様々な活動を通じて、仏教流布、念仏弘通、将来お寺を預かる身として、精進を重ねて参ります。ご指導ご鞭撻頂ければ幸いに存じます。合掌